平成29年11月1日 決算特別委員会(教育費)新しいすみだ 井上ノエミ質問

1. まず、167ページの学力向上「新すみだプラン」推進事業についてお伺いします。特に、墨田区の学力向上3年計画の成果についてお伺いします。今年度の学習調査の結果を見ると、墨田区の子供たちの学力が着実に向上しています。特に、小学校の国語と算数では、全国平均を超えるレベルになってきています。小学校では、まず「読み書きそろばん」と言いますが、基本的な漢字が読めて書ける、そして、九九を確実に覚えて基本的な計算が出来るといった基礎学力が一番大事です。中学高校に進んでも、また、社会に出ても、この基礎が出来ていないとたいへん困ることになります。しかし、墨田区の学校ではこれまでなかなか基礎が徹底できなかった。今回、この様な結果を出せたことは、たいへん素晴らしいと思います。加藤教育長のリーダーシップと教育委員会のスタッフの皆様、現場の校長先生や教員の皆様の努力に敬意を表したいと思います。今回、この様な成果を上げることが出来た要因について、教育委員会としてどの様に分析をしていますか。お伺いします。また、来年度に向けた課題についてもお伺いします。

2. 中学校については、小学校での基礎学力がしっかりついていないと、国語や数学の学力の向上はなかなか難しいと思います。小学校の漢字を覚えていない、九九の計算が身についていない生徒も多いと思います。まずは小学校の基礎から復習していく必要があります。しかし、中学校では生徒も先生も部活で忙しいので、なかなか学習の時間が取れないと思います。中学校での学力向上については小学校と比べてかなり難しいと思いますが、どの様に取り組んでいるのか、お伺いします。また、来年度の取り組みについてもお伺いします。

3. 墨田区の子供達が小学校でしっかりと基礎学力を身に付ければ、中学に進学してもそれほど心配することはなくなると思います。その意味で、まずは、小学校で基礎学力をしっかり固めていただきたいと思います。特に、国語と数学は積み重ねです。基礎を1年1年確実に習得していく必要があります。

国語と数学の次に重要な科目は英語です。そこで次に墨田区における英語教育についてお伺いします。墨田区では来年度から小学校3年生から英語のクラスを始めると思います。これまでの日本の英語教育は、読むことと文法中心でした。そのために、中学から英語を学んでも、まったく英語を話せないという人がたいへん多いです。文部科学省は、今それを大きく変えて、コミュニケーションを重視して、話して、聞いて、読んで、書けることが出来る英語教育に変えようとしています。小学校3年生、4年生では、話すこと、聞くことの練習がたいへん大事です。例えば、トマトの事を英語で、tomato と言います。マクドナルドの事は、MacDonlad です。オレンジはorange です。この様に英語と日本語は発音が大きく異なりますので、まず子供達は発音の違いをしっかり練習する必要があります。そのためには、授業では、子供達が中心になって発話しなければなりません。これまで墨田区の小学校の英語のクラスを見学した経験では、子供たちの発話量が少なくて、ALTが一方的に話している。あるいは、先生が話して、ALTがその発音を直しているようなクラスがありました。授業時間の大半を、子供達が英語を話すような楽しい英語の授業をやる必要があります。そして、その様な指導法について是非研究していただきたいと思います。教育委員会は小学校での英語教育の実施について、どの様に実施するつもりなのか伺います。

4. 小学生用のたいへん良い教材にはアメリカ人の開発したGenki Englishという教材があります。この教材はいま申し上げたような子供たちの英語の話す、聞く能力を訓練するにはたいへん良い教材です。それほど値段の高い教材ではありませんので、是非、購入して研究してみていただきたいと思います。
次に、中学校での英語教育について伺います。現行の中学の英語の学習指導要領を見ると、第一の目標は、初歩的な英語を聞いて話し手の意向などを理解できるようにすることです。第二の目標は、自分の考えを話すことができるようにするとなっています。英語を読むことと書くことは、3番目と4番目の目標です。もし、日本の中学校が、この学習指導要領に従って英語教育をきちんとやっていたら、中学を卒業する時には、簡単な英語を話したり、聞いたりすることが出来るようになっているはずです。外国人観光客から道を聞かれて、逃げ出す必要はないはずです。つまり、いまの学習指導要領に従って授業が行われていないことが、英語教育の大きな問題です。そして、新しい学習指導要領になると、英語を話すこと、聞くことがもっと重視されます。また、先生は授業を英語でやらなければなりません。一部の英語のできる教員を除くと、普通の英語の先生では、学習指導要領にしたがった授業の実施は相当難しいと思います。ALTもいますが、これまでもあまり効果をあげていません。私は、外部の優れた英語教育の専門家の手を借りる必要があると思います。墨田区として、中学校での英語教育の改革にどの様に取り組む考えなのかお伺いします。