3月27日 企画総務委員会

議事
(1)付託議案の審査
  ア 議案第6号 墨田区行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する条例の一部を改正する条例
    起立表決の結果、原案どおり可決することに決定した。
  イ 議案第7号 墨田区附属機関の設置に関する条例の一部を改正する条例
    原案どおり可決することに、異議なく決定した。
  ウ 議案第8号 墨田区常勤の監査委員の給料等に関する条例
    原案どおり可決することに、異議なく決定した。
  エ 議案第9号 墨田区個人情報保護条例の一部を改正する条例
    起立表決の結果、原案どおり可決することに決定した。
  オ 議案第10号 墨田区情報公開制度及び個人情報保護制度運営審議会条例の一部を改正する条例
    原案どおり可決することに、異議なく決定した。
  カ 議案第11号 公益的法人等への職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例
    原案どおり可決することに、異議なく決定した。
  キ 議案第12号 職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例
    原案どおり可決することに、異議なく決定した。
  ク 議案第13号 職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例
    原案どおり可決することに、異議なく決定した。
  ケ 議案第14号 職員の配偶者同行休業に関する条例の一部を改正する条例
    原案どおり可決することに、異議なく決定した。
  コ 議案第15号 職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例
    原案どおり可決することに、異議なく決定した。
  サ 議案第1号 平成28年度墨田区一般会計補正予算
    起立表決の結果、原案どおり可決することに決定した。
(2)当委員会所管事項について
  ア 理事者からの報告事項
    次の事項について、報告を聴取した後、質疑応答、意見交換を行った。
  (ア)大学誘致の進捗状況等について
  (イ)新保健センター等複合施設整備方針の検討状況について
  (ウ)墨田区組織改正について
  (エ)東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けた墨田区の取組基本方針の報告について
  イ その他
    次の事項について、質疑応答、意見交換を行った。
  (ア)抜き打ち検査に関するガイドラインの策定について
  (イ)区の施設における事業者変更等に関するルールづくりについて
  (ウ)外郭団体のあり方について
  (エ)補助金適正化法に基づく返還請求について

○委員長(田中邦友君) 
 ただいまから企画総務委員会を開会いたします。
 早速、議事に入ります。
 付託議案の審査を行います。
 議案第6号 墨田区行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する条例の一部を改正する条例を議題に供します。
 本案について、理事者から説明を聴取いたします。
◎企画経営室長(関口芳正君) 
 ただいま議題に供されました議案第6号 墨田区行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する条例の一部を改正する条例について、ご説明申し上げます。
 本案は、東京都後期高齢者医療広域連合が葬祭費の支給に関する事務において個人番号を利用することを踏まえ、個人番号の独自利用事務に墨田区後期高齢者医療に関する条例による葬祭費の支給に関する事務であって、規則で定めるものを加えるものでございます。
 改正条例の施行日は、本年4月1日としております。
 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。
○委員長(田中邦友君) 
 ただいまの説明について、何かご質疑、ご意見はありませんか。

◆委員(井上ノエミ君) 
 まず、大学誘致について伺います。
 このたび念願の大学誘致が実現したわけで、大変すばらしいことだと思います。職員の皆様のご尽力に対して心から敬意を表したいと思います。
 旧西吾嬬小学校と旧曳舟中学校の跡地に関しては、国立大学ですから、国の予算が認められないと先に進めないという限界があります。しばらくそのままになるようでしたら、跡地を臨時に子どもたちのためのサッカーコートに整備して使用してはどうでしょうか。区内には、子どもたちがボールで遊べる場所があまりありません。いかがでしょうか。
◎企画経営室参事(渡辺一夫君) 
 大学誘致に関連して、学校跡地をしばらく使わないようであれば、臨時的に子どもたちのためのサッカーコートを整備してはどうかという提案です。
 用地使用の時期については、まだ明確には定まっていませんが、今年度、千葉大学と協議を進めて、中小企業センター以外に本区へ更なる進出を受けてどのように活用するかを基本に考えていきたいと思っています。
 また、用地に余裕がある場合は、他大学との協議も進めて、検討を行っていきたいと考えています。
 平成29年度に学校施設の配置の構想も伴う予定ですので、この跡地の臨時的使用については、その検討状況を見ながら検討したいと考えておりますので、ご理解をお願いいたします。
◆委員(井上ノエミ君) 
 次に、新保健センターの整備について伺います。
 新保健センターについては、区民から意見聴取をしています。これまで向島地域、本所地域にそれぞれあった保健所が1カ所になるわけですから、区民にとっては、大変不便になります。区民からは、この点についてどのような意見があったか伺います。
◎企画経営室長(関口芳正君) 
 懇談会の区民委員、特に向島地域の方から交通上、少し遠くなるというご意見をいただいており、交通上、何かしらの配慮をしていただけないかというご要望も受けたところです。
◆委員(井上ノエミ君) 
 最後に、オリンピック・パラリンピックの基本方針についてお伺いします。
 この基本方針には、さまざまな具体的な事業が提案されています。既に実施中の事業もあります。また、これから始まる事業もあります。2020年まであと3年しかありません。具体的な実施計画をなるべく早く立てて事業を開始しないと間に合いません。今後どのようなスケジュールでやっていくのかお伺いします。
◎総務部副参事(吉田章君) 
 この計画、この基本方針を定めるに当たって、各庁内における各主管課に調査をかけて事務事業を整理させていただいたところです。そういった形で整理させていただいているので、幾つかの事業がこの中に集約されているものもあります。例えば一つの事務事業の名称であっても、その中身が複数になっているものもあるので、この基本方針の中では、その個別のタイムテーブルといいますか、年度ごとのスケジュールは載せることはできませんでしたが、そういった状況で調査したものです。各主管課では、年度ごとの事業計画を持って推進していく前提に立っているので、そのようにご理解いただければと思います。